私のメイクテクニック

女性にとって、メイクは身だしなみ。
そんな言葉をよく耳にしますが、その日のメイクの出来栄え一つで、その日一日のモチベーションって大きく変わりますよね。
私は決してメイクが得意というわけではないのですが、メイクそのものを楽しむことが大好きなので、
自他共に認めるメイク・コスメオタクと言ったところでしょうか。
私の場合、愛用のコスメは、出来るだけ一つのメーカーで統一するようにしています。
最近ではChristian Diorのコスメを気に入って愛用しています。中でもミネラルファンデーションは本当にお勧めです。
肌に馴染みやすく、塗っているという感覚を忘れてしまうくらい、少量でカバー力を充分に発揮します。
元々色白で、どちらかというと顔色が悪く見えるくらい肌が白い私にとっては、国内メーカーのコスメはあまり不向きなようで、
どうも顔が浮いて見えたり、不自然な感じになるのが嫌なので、巡り巡って今のコスメを愛用しています。
色んなメーカーのものを使ってきた中で、先ずは一番自分の肌に馴染むものを選ぶことが重要なポイントなのではないでしょうか。
どんなにメイクが上手でも、肝心の道具を使いこなせていなければ意味が有りません。似合う色、似あう質感、十人十色、様々だと思います。
そして、私の場合は目が切れ長の二重なので、ノーメイク状態だと、目つきが悪く見えるんですよね。
なので、出来るだけ黒いアイラインは使用せず、敢えて茶色のアイラインを使用しています。
目つきが悪く見える上に、黒いアイラインをがっつり入れてしまうと、目力が上がって人を威圧してしまうので、
これではどうも見栄えが悪くなってしまいます。逆に茶色のアイラインで垂れ目を意識してラインを入れ、
その際は、黒のマスカラを一塗りしたあと、ほんの少しだけブラウンのマスカラを合わせて使うようにしています。
そうすることによって、柔らかい雰囲気が出て、おっとりした印象を与えるので、目つきが悪いと言われることは、先ず無くなりました。
例えば、恋人とのデート等、照明の暗い場所では黒いアイラインの方が顔の印象がはっきりするので、シーン別にメイクを変えることも大切なこと。
是非、実践してみて下さいね。

Comments are closed.